最近の合宿免許の傾向

合宿免許が登場した当初は、「利用者は男性ばかりで女性が気軽に利用しづらい方法」でした。
しかし、最近では女性一人、女性グループでの参加も気軽に出来る様に環境が変わって来ています。

最近の傾向として、「宿泊施設が複数の選択肢から選べる」・「観光プランが含まれている」と言った様々な特徴を持っているものが数多く登場しています。



開催される場所が地方や郊外が多いという特徴を利用し、地域の特産品や名所旧跡・観光名所などをPRすることを目的として「地域振興の一環」として合宿免許が開催されることが増えてきています。
元々、「過疎化が進んだ地域の自動車教習所の利益を確保する」と言った意味合いが強かったのですが、現状では「利用者が自分の希望や目的に合わせて選択できる方法」へと変わってきている状況です。



例えば、「旅館・ホテル・民宿・コテージなど複数の宿泊施設を選べるプラン」を利用すると、グループ参加でちょっとした旅行気分を味わう事も可能です。

一人で利用する場合、個室タイプの部屋を利用するという事も選択出来る為、女性一人でも安心して参加することが出来ます。


また、本来は合宿免許を開催しなくとも十分に経営が成り立っている自動車教習所であっても、より多くの利用者を確保する・より多くの人に地域の魅力を体感してもらうと言った目的で、敢えて合宿タイプの教習を行っているところもあります。

沖縄観光のついでに運転免許を取得すると言ったことが出来るうえ、コスト面でもお得になるということで非常に高い人気があります。